シニアのイキイキ・ワクワクを応援します!!iPad(アイパッド)を使った介護予防プログラム。介護予防のパイオニア企業(株)サムライトの『みつおか式 脳若トレーニング』

導入事例

  • HOME »
  • 導入事例

「地域のシニアが集う場所をつくりたい」株式会社ステップ・ワン

島根県西部の石見地方に位置する江津市。中国地方最大の河川である江の川がここで日本海に注ぎます。
江津市は島根県で最も人口が少ない市であり、高齢化率も30%を超える「高齢化先進都市」。

この地で建設関連事業を続けてきた株式会社ステップ・ワンですが、渡邉早希社長の「高齢者の閉じこもり防止と介護予防を自らの手で実現したい!」という思いから、新たに、地域に根ざした喫茶店を開店する事になりました。

喫茶店では、絵画やヨガなど様々なレクレーションを開催します。さらに「認知症予防をする取り組みはないか?」とネットで探してみたところ『脳若トレーニング』の事を知り、ライセンス契約による導入が決まりました。

江の川風景

「花・笑む 喫茶店」

喫茶店の名前は「花・笑む 喫茶店」。

渡邉社長のお母さまがつくる、郷土の豊かな味とおいしいコーヒーを目当てに、地域の高齢者が通います。

言うなれば「シニアが集う地域の陽だまり」。今では地域に無くてはならない、コミュニティ・スペースになりました。

『脳若トレーニング』は毎週開催。参加者の皆さん、初めて使うiPadに会話も弾み、とても楽しんでいらっしゃいます。

介護保険に頼らず、シニアの暮らしをイキイキと豊かにする。
これからの日本が目指すべき社会の在り方がそこにあります。

花笑む喫茶店看板

自治体の介護予防事業を受託

同社はさらに、地元江津市の介護予防事業に『脳若トレーニング』を提案。

まずは手始めにNPO法人による介護予防セミナーを開催。

認知症予防に対する啓蒙活動をおこなうとともに、『脳若トレーニング』のデモ講座を実施し、自治体の担当者の方々にも、トレーニングの楽しさを実感していただきました。

サムライトによる自治体介護予防事業の実績も評価いただき、2014年度より『脳若トレーニング』の採用が決まりました。

渡邉社長以下4名のスタッフで、「江津のシニアに、イキイキ・ワクワクを届けたい!」と皆さん張り切っています。

花笑む喫茶店

インタビュー

株式会社ステップ・ワンの渡邉社長に『脳若トレーニング』導入について聞いてみました。

ステップワンのスタッフ

Q.「花・笑む喫茶店」のご紹介からお願いします。

A.島根県は高齢化率30%を超える全国でも有数の過疎地です。私共、江津の町も高齢者が多く、この方々の居場所がありません。皆さんが楽しく集える場所を作りたいと思い、このカフェを作りました。美味しいランチにいろんなカルチャーやイベントが体験できる、「花・笑む」喫茶はそんな高齢者が気軽に集えるコミュニティです。

Q.『脳若トレーニング』に興味を持ち、これをやっていこうと思われた決め手は?

A.ネット検索で日本政策投資銀行のビジネスコンペを偶然知り、サムライト 代表・光岡さんのビジネスプランを拝見した時、高齢者の為のコミュニティ作りの考え方、認知症予防を切り口にして事業展開されているところなど大変共感できる部分が多々ありました。
すぐに問い合わせをして福岡の老健センターでおこなわれている『脳若トレーニング』を見学に行きました。実際に見てみて、「面白い」と思いましたね。
これを江津の自分のカフェでもやりたいと、すぐイメージしました。

Q. コミュニケータの育成については?

A.サムライトの初期の形式でのライセンス契約を、仲間と2人で取得しましたが、
研修内容がしっかりしていましたので安心して事業をスタートすることができました。
現在私を含めトレーナー2名、認定コミュニケータ2名の体制でカフェや介護施設の出前講座、行政にも繋がり営業活動も積極的におこなっています。
また、認定コミュニケータは、子育てが終わり仕事も退職されて、これから社会貢献も積極的にしたいという元気な女性2名です。
トレーナー用のテキストやDVDで勉強していただきますが、すでに行政の予防教室等にお手伝いに入っていただいて現場で経験を積んでもらっています。
もう一人のトレーナーはケアマネの資格を持ち、介護施設に勤めていた経験を持つ、頼もしい存在です。
皆明るく、高齢者さまとのコミュニケーションも上手でとても心強く思っています。

お気軽にお問い合わせください! TEL 0120-320-151 受付時間 9:00~17:00(平日)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
  • メールでお問い合わせはこちら
  • facebook
PAGETOP
Copyright © (株)サムライト All Rights Reserved.
iPadはApple Inc.の商標です。
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.